No.1 御物 唐獅子南屏風

六曲一隻紙本金地著色(桃山時代)

  本館2Fロビーの唐獅子図屏風の原画は豊臣秀吉が狩野永徳(1543〜1590)に描かせたもので
  歴史の教科書などで広く知られた作品です。
  当館所蔵のものはその模写で、豊臣家滅亡の後、毛利家が所有していた原画を
  江戸時代中期に天皇家に献上する際に手元に残しておくために狩野栄川・養川親子に
  模写させたものと伝えられています。
  戦後、進駐軍による財閥解体により毛利家が手放した際に縁あって、当館先代が収蔵したものです。
  本館3F泰山の間にこれと対になる小獅子の屏風が飾られています。

 |>> 博物館TOPへ|

 


信州湯田中温泉 よろづや本館 松籟荘 
湯楽庵よろづやアネックス 



湯田中温泉 よろづや本館 〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町湯田中温泉
TEL.0269-33-2111(本館・松籟荘) TEL.0269-33-2117(湯楽庵よろづやアネックス) 
FAX.0269-33-2119
COPYLIGHT (C) 2009-2011 YORODUYA ALL RIGHT RESERVED