No.4 狩野探幽「錦鶏鳥」

 狩野派は室町から江戸時代を通じ4世紀にわたって存続した画壇の一大流派であり、注目すべき業績を残したのは元信・永徳・山楽・探幽の四大巨匠といわれます。 この中で探幽は永徳の二男孝信の長子で名は守信、探幽と号した。江戸初期の狩野派の中で最もめざましい活躍を示し、禁裏・柳営を始め、縦横自在の健筆を揮い、将軍秀忠をして永徳の再生といわしめた程です。

 |>> 博物館TOPへ|



信州湯田中温泉 よろづや本館 松籟荘 
湯楽庵よろづやアネックス 



湯田中温泉 よろづや本館 〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町湯田中温泉
TEL.0269-33-2111(本館・松籟荘) TEL.0269-33-2117(湯楽庵よろづやアネックス) 
FAX.0269-33-2119
COPYLIGHT (C) 2009-2011 YORODUYA ALL RIGHT RESERVED