No.9 戊辰の役 東征大総督熾仁(たるひと)親王
芳墨「楽
(たのしみ)

   この書は有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたるひとしんのう)(1835−95)の芳墨「楽」です。
   熾仁親王は皇族、陸軍大将。孝明天皇の妹和宮(かずのみや)とは許婚者。
   文久2年(1862)公武合体のため婚約解消となり、和宮は14代将軍家茂に降嫁したが
   家茂(いえもち)の死により僅か4年で結婚生活は断たれ、髪を切り静寛院宮となり江戸城に住まう。
   明治維新を決定づけた戊辰戦争が慶応4年(1868)1月勃発するや熾仁親王は東征大総督として
   この江戸城を攻撃することになる。
   この時参謀は西郷隆盛であったが明治10年(1877)の西南戦争では反乱軍にまわり、
   この征討総督となったのが熾仁親王であり、皮肉なめぐりあわせというほかない。
   熾仁親王は後、元老院議長、参謀総長を歴任する。

 |>> 博物館TOPへ|


信州湯田中温泉 よろづや本館 松籟荘 
湯楽庵よろづやアネックス 



湯田中温泉 よろづや本館 〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町湯田中温泉
TEL.0269-33-2111(本館・松籟荘) TEL.0269-33-2117(湯楽庵よろづやアネックス) 
FAX.0269-33-2119
COPYLIGHT (C) 2009-2011 YORODUYA ALL RIGHT RESERVED