No.2 池 大雅(1723〜1776)

  大雅は洛北に生まれ、字は霞樵、一般に大雅堂の号で知られている。 
  当時、東洋画には宮廷画の北宗画と在野的な文人の絵の南宗画があった。
  大雅は南宗画を極め、東洋的絵画の伝統の上に独自の様式を確立、棟梁的な存在にまで昇りつめた。 
  この荘子の図は筆意の妙に品位の高きを見せ、絵と詩を融和させた大雅円熟期の傑作のひとつと評される。

 |>> 博物館TOPへ|



信州湯田中温泉 よろづや本館 松籟荘 
湯楽庵よろづやアネックス 



湯田中温泉 よろづや本館 〒381-0401 長野県下高井郡山ノ内町湯田中温泉
TEL.0269-33-2111(本館・松籟荘) TEL.0269-33-2117(湯楽庵よろづやアネックス) 
FAX.0269-33-2119
COPYLIGHT (C) 2009-2011 YORODUYA ALL RIGHT RESERVED